結婚式でのお料理

私達は100人を越える人数での結婚式でした。
大人数になると会場が狭いとゲストの方々も動きづらくなるし、過ごしやすいとは言えないので私達は250人は入る会場で、ゆったり過ごしていただける会場を選びました。色々値段が重なってくるぶんどこかで値段をさげるようにしないといけなくなってしまいました。
でも、一番下げられるであろう料理は、絶対に妥協せずランクを下げる事はしませんでした。
ゲストの方々が包んでくれるお祝儀の中には引き出物とお料理のぶんも入っているという認識が私にはあったので、満足して帰っていただきたかったのです。
それに、終わってから何か言われるのも嫌だったし、私達の耳にそれが届かなかったとしても、そう思われている事が絶対に嫌だったので自分たちが後悔しない最善の方法を選びました。
式が終わってから、たくさんの友達に料理については本当に褒めていただけました。「普通あんなにいいものばっかり出てこないよ!」と。
いいお料理を出しておもてなしする事は本当に大事な事だったんだなと痛感しました。
結婚式は、黒字を出す為にする物でなく自分たちがおもてなしをするという思考でプランを立てていくのがベストなんだと思います。

代々木上原 エステサロン